東京ラブソープとインティマ、どっちがいい?【比較検証】

東京ラブソープとインティマどっちがいい?【比較検証】


デリケートゾーンのにおいやかゆみ、かぶれなど。
女性なら誰もが一度は経験し悩んだことがあるのではないでしょうか。
そんなことにならないようちゃんとケアしたいけれど、誰かに相談しにくい部分のこと、
自己流でお手入れ、もしくは入浴時にボディーソープで洗うだけという方が多いのでは。

 

今、ヨーロッパの女性たちの間では、デリケートゾーンを専用洗浄剤で洗ってケアすることが日常的な習慣になっています。
日本人も、髪はシャンプーで、顔は洗顔料で、体はボディーソープでと体の部位によって洗浄剤を変えますよね。
それと同じ感覚で、ヨーロッパではデリケートゾーンはデリケートゾーン用の洗浄剤で洗うのだそうです。
このケアは「インティメイトケア」と呼ばれており、日本でも少しずつ話題になっています。

 

インティマ

このインティメイトケア用の洗浄剤として、ヨーロッパで大人気なのがインティマ。
デリケートゾーンを洗うための専用ジェルです。
インティマはポーランドの化粧品メーカーZiaja(ジャヤ)の製品で、本国ポーランドではシェア・売上ともにNo.1。
ポーランドでは誰もが知るブランドで、日本でも多くの美容雑誌や口コミサイトで取り上げられています。

 

インティマは弱酸性なので、同じく弱酸性のデリケートゾーンのうるおいや常在菌を守りながら洗浄できます。
また、インティマにはデリケートゾーンに常在するパンテノールとフルーツ酸の乳酸が配合されているので、
デリケートゾーンの環境を損ないません。

 

たんぽぽ根エキスやカモミールエキスといった天然のハーブエキスも配合されており、
これらのエキスがやさしい香りでリラックスしながらかゆみやヒリヒリとした痛みを抑えてくれます。

 

東京ラブソープ

そして、元祖とも言える東京ラブソープ!
これは泡パックという言葉を生み出した商品なのでは?と思っています。
商品自体、石けん素地に自然の天然素材を足した至ってシンプルなもの。
泡パック方法も、泡立てて数本おいて美白効果というものですが、

 

私はこの方法にずっとはまっています。

 

使いごこちも慣れているし、ちょっと他に冒険してもこのラブソープに帰ってきてしまいます。
天然成分が多く含まれているし、荒れないので安心できるのも一つです。

 

結果…

インティマをなくなる前まで使用したんですが、そのあとのリピートはやはりラブソープでした。
迷ったとき皆さん買うのが分かる、安定のおすすめ品ですよ!
普通の石鹸ぽいのがいいですね!

 


東京ラブソープ通販はこちら!

 

お悩み別Searchページ

デリケートゾーンの臭い アソコが臭い原因はこれだった?
なんで臭うのか知ってますか?
知らず知らずのうちに臭いの原因を作っていた?
デリケートゾーンの臭い【実際のケア法】
デリケートゾーンの黒ずみ
どうして黒ずんでいくの?
見に覚えがない謎の黒ずみをどうにかしたい。
彼に見せるのが嫌でなかなか前に進めない。
デリケートゾーンの美白って?【実際の黒ずみケア法】話題の石鹸
デリケートゾーンのムダ毛
ムダ毛ってどうしてる?
みんなどう処理してるの?
なかなか聞けないムダ毛。
デリケートゾーンのムダ毛ってどうしてる?【実際のケア法】
デリケートゾーンのかゆみ 座ってても立ってても気になるかゆみや痛み。
会話に集中できない。そんなトラブルはこうしてでてくる。
どうしたら消えるか知ってますか?
デリケートゾーンのかゆみや痛みの原因って?【口コミ】

ランキング

RoELe(ロエル)
オイルで洗浄?
すごく珍しいデリケートゾーン専用オイルタイプの特殊洗浄オイル。
”泡パック”同様に”オイルパック”で使用します。
オイルだから荒れの心配もなし、アロマで癒されながら
ケアできちゃいます。
Angel Skin (エンジェルスキン)
ピーリングタイプのエンジェルスキン。
フェイスマッサージでも人気のピーリングですが、
デリケートゾーン専用のピーリングができました。
こちらも珍しいタイプ。
ポロポロ取れる汚れにスッキリ。
東京ラブソープ
人気続行中東京ラブソープ。
元祖といってもいいこのソープですが
ランキングには相変わらず入っています。
人気記事

デリケートゾーンのムダ毛処理について